はげの特徴について

トリートメント

若いうちは黒々としているしっかりした髪の毛が生えてきたのに年齢を重ねるごとに髪の毛の黒々さは薄くなり、髪の毛の太さも細くなってしまうという人は多くいますが、髪の毛が薄くなると髪の毛が抜けやすくなり、髪の毛が薄くなったことによって髪の毛が薄くなったように感じる錯覚に加えて、髪の毛の数も減るため、ダブルの効果ではげが目立つようになってきます。

 

ちなみに薄毛とはげは厳密に言うと相違する点がありますが、薄毛は髪の毛が薄くなった症状のことで、完全に頭皮が見えていない状態のことを言いますが、はげになると薄毛が進んで頭皮があらわになっている状態のことを言うため、状況的にははげの方が悲惨な状態であると言えますが、両者を区別して使わないケースもあります。

 

はげになると新しい髪の毛が生えにくくなり、これまで生えていた髪の毛が抜けやすくなってきますが、はげの原因は人によってそれぞれで、原因によるはげによってはげのパターンも異なってくるため、はげの状態を見ることによってはげの原因が分かることもあります。

 

どちらにしてもはげの状態は好ましい状態と思っていない人が多いので、はげになったらすぐにでもはげ対策をして髪の毛を増やしたいところだと思いますが、はげの種類に応じたはげ対策をすることが肝心で、はげの原因に合っていないはげ対策をしてしまったらはげの症状が改善されるどころか、かえってはげの症状を進行させてしまう場合があります。

カラーリングやパーマ剤とはげとの関係

髪の悩み

ヘアカラーやヘアパーマを使っておしゃれな髪の毛を楽しむ男性が昔に比べると増えていますが、男性は女性に比べるとはげやすい性質があり、ヘアカラーやヘアパーマは頭皮に対して与える刺激が強いということで、中年男性の中にはヘアカラーやパーマ剤を使って髪の毛のおしゃれを楽しみ、それがきっかけとなって急速にはげが進んでしまったというケースも少なくありません。

 

ちなみにヘアカラーやパーマ剤を使用すると髪の毛が痛むという話しを聞きますが、ヘアカラーやパーマ剤を使用するとはげやすい状態になるものの、髪の毛が痛むことがはげに繋がるということではなく、ヘアカラーやパーマ剤を使用してこれらの液が頭皮に付着することによってはげやすい頭皮を作ることになるため、頭皮にヘアカラーやパーマ剤を付着させないようにすれば、はげになる可能性を減らすことができます。

 

また、ヘアカラーで気を付けたいのが、はげを気にしている場合はヘアブリーチを使用するのではなく、ヘアマニキュアを使用するということですが、ヘアブリーチは髪の毛を明るくするのに抜群の効果を発揮するものの、頭皮に対して与える影響が非常に大きいため、これまでにはげの症状が見られなかった場合でも一気にはげの症状が進む場合があります。ヘアマニキュアになるとヘアブリーチほどの効果は期待できないものの、ヘアブリーチに比べると頭皮に与える影響は小さいため安心して使用することができます。

髪の悩みに新商品情報

リシリッチ

リシリッチのホームページ

洗い流さないトリートメントといえば、リシリッチです。紫外線臭いホコリから1日中、髪を守ります。

 

新感覚のヘアケアー商品です。是非チェックしてみてください。